Ideapad S205でUbuntuを2011/08/20 16:04

ずいぶんとさぼってるけれど、相変わらずの物欲の日々です。

Windows/Linuxの動くノートパソコンが必要になったので、安いのを物色。最近はレッツノートが10万円を切る値段というのに心惹かれたけれども、狙いはもっとやっすい奴。ということで買ったのがlenovoのIdeapad S205。A4ノートになるのかな?一回り大きいが、見た目は直前のエントリのAZと兄弟と言っても通用するような感じ。プロセッサにAMD E-350というのを使ってる。

Amazonでおよそ35000円、愛用しているネットゲーもなんとか動くようで一安心したのだが、それからが苦難のはじまりだった。いまどきLinuxをインストールするのにここまで苦労するとは・・・


プレインストールのWindows7でディスク領域を100Gほど空け、UbuntuのUSBで起動。Ubuntuの最新である11.04(64bit)をインストールし、再起動したがHDD上のOS(Windows7含む)がまったく認識されない。この段階になってS205とLinuxの相性について調べたのだが、ずいぶんと面倒なことになっているようだ。

まず、起動しない件。E-350のせいかどうかはわからないが、MBRにインストールしたgrub2が動かない。grub2というのはgrubの後を継ぐソフトらしく、今のUbuntuでは標準となっている。まったくの別ソフトウェアなのにコマンドラインでは同じ"grub"であることもあり、ここでまず問題の切り分けに手間取る。オリジナルのgrubでは動くらしく、一度USBから起動、chrootしてgrub2を削除、grubをインストール。再起動。

grubのメニューが表われ、Ubuntuの起動に成功。めでたしめでたし・・・とはいかない。grubからWindows7の起動の仕方が、いろいろググって見たのだがわからない。最近のWindowsはずいぶんと面倒なことになってるのだなあ・・・

考えた末に、MBRにgrubをインストールするのは、Windowsの融通が効かないから危険が大きいと判断し、ブートローダーはWindows側に任せ、Linuxはgrub4dos経由で立ち上げることにする。

キーボード右上のスイッチを針で押し、Windowsの再インストールをする。切り直したパーティションはそのままだったので手間がはぶけた。再度USBで起動、Ubuntuをインストール。注意しなければならないのは、grub2をMBRにインストールしないこと。普通にインストールするとどうやってもMBRにインストールされてしまう・・・。調べた末に、「ディスク領域の割り当て」 で「それ以外」 を選ぶと、grub2のインストール先が選択できるようになる。そんなんわからんよ・・・。初心者にやさしいつもりかもしれないけど、少し設定を変えようというだけで鬼のように苦労させられるインストーラになってしまったな。grub2はUbuntuのパーティション(自分の場合は/dev/sda7)にインストールする。

再起動。当然起動するのはWindows7。ここでgrub4dosのインストール・・・というほどのことではなく、解凍したファイルから"grldr","grldr.mbr","menu.lst"をC:\に置いただけ。

当然、menu.lstにUbuntu起動用のエントリはないので、こんなのを追加。

title ubuntu
root (hd0,6)  #<- /dev/sda7
kernel /vmlinuz root=/dev/sda7 ro
initrd /initrd.img

この後で、Windowsのブートローダをいじるコマンド、bcdeditとやらを使う。具体的なやり方は忘れてしまったので、参考にしたURLをば。

http://taka8aru.blogspot.com/2011/05/windowslinux-ubuntu-1104-grub2.html

そして再起動。まずWindowsのブートメニューで、Windowsかgrubかの選択。ここでgrubに行くとgrubのメニューが表示され、ここでUbuntuを選択。そしてUbuntuが起動する。

やれやれ、めでたしめでたし。・・・・とは行かないのだった。


S205は有線と無線LANに対応している。有線は問題ないが、無線LANが動かない。うちのアクセスポイントがステルスESSIDのせいなのかもしれないが・・・。標準のNetwork Managerは問題が多いらしく、wicdと言うものをインストールしてみる。そしてwicdのNetwork Managerを起動してみたが・・・こいつには、そもそもESSIDの入力欄が存在しない。ダメじゃん。

しかたなく、全部ベタで書く。まずは"/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"を新たに書き(内容は省略)、"/etc/network/interfaces"に次のように追加した。

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-driver wext
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

再起動すると無線LANに接続できていた。

当然というべきか、サスペンドから復帰したときにはまた切断されている。いろいろ試した結果、

sudo rfkill unblock all
sudo /etc/init.d/networking stop
sudo start networking 

とすると、再び接続できた・・・こともあった。(失敗することもあった)

もっとスマートな方法もあるだろうけど、とりあえずはここまで。他にもいろいろ手を入れたいところがあるのだよ。Ubuntuのインターフェースは、バージョンを重ねるごとに使い辛くなっていると思う(個人的に)。どーにかできるだろうから、まずそちらが優先事項。

ではでは。

dynabook AZ2011/02/27 13:06

なんか買ってばかりだな・・・。

最近アマゾンに行く度に、dynabook AZが売れていると表示されていたのだが、無視していたのだった。以前は欲しかったけれど、NECのLifeTouch NOTEも発表になって、今更という感じがあったし。でも、LifeTouch NOTEのキーボードがいまいちおいしくないという噂や、4万円オーバーは厳しいなあということ、そもそも自分はモバギ派ではなく200LX派なんだよというのがあってLifeTouchに対する熱は発売前に冷めてしまったのだった。

そこでふと思う。なんで最近になってAZが売れていたのだ?

改めてアマゾンにいってみる。25000円(定価で3万円)・・・そんなに安かったっけ?4万円くらいしたような記憶があるけど、安くしたのだろうか。それとユーザレビューを見ると、2.2(Froyo)にアップデートしてFlashも使えてるという記述が。

この値段なら(きびしいけど)手は出せる。AndroidMarketが使えない、3Gは使えない、毎日持ち運ぶにはちとデカいというデメリットはあるが・・・これは遊ぶ価値がありそうだ。ということで即購入、その日のうちに到着。ちょっとデカいけども薄くて軽いし質感もまずまず。

で現状は、システムアップデートとFlash導入をすませ、ちょっと触ったくらい。某動画サイトも、もっさり気味だけど見れる。キーボードはまったくもって問題ない(特殊キーに慣れる必要はある)。タッチパッドの精度がかなり甘い気がする・・・。まずは適当なテキストエディタを入れて使い倒してみたいな。(プレインストールされてるEvernoteは使わない。いい印象がないので)

Defy サイクルナビ化計画2011/02/11 17:43




 休日は自転車に乗ることが多いので、当然のようにAndroid携帯をサイクルナビにしようと思うものであろう(?)。
 防水防塵ということでDefyはうってつけではあるが、やはりストラップホールがないことがネックになる。スマートフォンを自転車のハンドルバーにとりつける製品はいくつかあるが、衝撃を与えるとけっこうな割合ですっとんでいってしまうらしいのだ。今回はわりとまともそうだった"MINOURA Phone Grip"を使用するが、これも下にストッパーはあるが上の方にはなにもない。丈夫さをうたうDefyとはいえ危険は犯したくないし、なくしてしまう可能性もある。
 ということで、まずはストラップをとりつけることとしよう。

 "Pocket Games"という携帯電話アクセサリーなどの通販サイトで、Defy用のケース(黒)を購入。樹脂性で、表と裏にわかれたパーツがDefyを挟み込む形になる。これにもストラップホールはついていないのだが、背面のスピーカー用の開口部が使えそうだ。

 両方のパーツにまたがって、ギリギリだがなんとかストラップを取り付けられた。
 さっそく自転車にとりつけてみる。Phone Gripのクランク径が、確認したはずだったのに大きいものを注文していたので、適当なスペーサーでごまかす。


 ストラップの長い紐を、Rixen&Kaulのフロントアダプタに回し、セッティング終了。ここまでやればさすがに大丈夫だろう・・・。

 ナビに使うアプリだが、これも難しい。標準のマップアプリは、走っていると縦横に頻繁に回転してしまう、走っている間は触らないのでスリープモードに入ってしまう(システム設定を変えるのも面倒)ので、使い勝手はよろしくない。こういったことに対応しているのが地図ロイドというアプリだ。国土地理院の地形図が使えたり、ヘディングアップに対応したりと実にすばらしいアプリ。だが実際に使用したところ、地図モードがGoogle地図のときのみ、地図がほとんど表示されない。これはこちらの使用環境(b-mobileのU300)によるところも大きいのだけれど、標準のマップアプリではそれなりに使えてるところが少し不可解ではある。Yahoo地図モードではまあまあ表示されるので、使えないということはないのだが・・・。ということで結論は先送り。

Motorola Defy2010/12/11 22:58

買ってしまいました。モトローラのDefy。

英国のCloveで購入、235英ポンド+配送料やら手数料やら。DHLはいい仕事してたけど、日本でバトンタッチした佐川がアホや・・・。成田から市川まで4日かかるって亀より遅いぞ。というか、放っておいたら一度も配送に来なかった気配すらある。国内に入った時点で、DHLに連絡して国内の業者側の配送番号を聞き出して対応したほうが吉かも知れぬ。

さてDefyですよ。 DROID2も、キーボードがおいしそうなので気になったのだけど、ヘビーデューティはとても(自分的に)ポイントが高い。雨に濡れてZaurusおシャカにしたこともあるし。 そもそもこの五月、ちょっと山中でさまよって、XperiaのGPS(と地図ロイド)がなければやばかったなんてこともありました。死にはしなかったと思うけど、宿の予約はフイになって野宿になってた可能性があった。磁石と地図(1/25000)は基本だけど、現在位置がわからなければそれも有効ではない。かと言って、専用GPSのGarminとかは、地図表示とかは弱いし、無闇に高いしな~。 とはいえXperiaでの山行は、当然防水性なんてないのできびしい。Androidで防水の機種が出ないかな、とずっと思っていたのだった。そこで出てきたのがDefy。防水・防塵・耐衝撃。実に素晴らしい。いや、スマートフォンでなければ、アメリカでカシオが出しているG'zOneとかもいいのだろうけれど・・・。(そこらへんを言い出すと、分厚い手袋をしててスマートフォンなんて使えないんだけれども)

なんだかんだで今週に受け取り、日本通信のSIMを投入、問題なく使えている。デフォルトで日本語ロケールがないので"MoreLocale2"で追加。後はフォントの字形が気に入らないので、そちらはそのうちに・・・。 ”Quadrant”でのスコアは1059。まあまあかな? ひととおり使っての感想は・・・Xperiaよりずっとマシな気がする。Xperiaだと妙にもたつく感じがあったけど、そういうものはほぼない。液晶の発色もずいぶんとよいように思う。大きさはHT-03Aとほぼ一緒。これくらいのサイズの方が、片手で操作するのにはちょうどいいのだよね。さらに、DefyにはマーケットでVPlayerをインストールできたり(Xperiaでは無理・・・って、ロケールだけの問題かよ!)、もういいことばかり。 唯一・・・ホントにただ一つというところだが・・・欠点が、ストラップホールが存在しないこと。頑丈といっても、そうそう落としたいものではないし、自分は粗忽だから失くしそうなんだよ。そんな悪いところでiPhoneなんて真似なくていいのに・・・。

はてさて、電池大盛のXperiaと、どう使い分けようか?ストラップの問題さえなんとかなればDefyがメインで無問題なのだけれど、ストラップがつけられるジャケットでも出ないものかな~

xps -> pdf2010/12/05 15:37

ものすごーくいろいろ放置したままだったけど、とりあえず自分用のメモの投稿。

WindowsでXPS形式で作ったファイルをPDFにまとめるときの試行錯誤。

  • GhostPDLというものをインストールする。

ubuntuでは提供されていないので、ソースを持ってきてビルドしなくてはならない。ビルドでいろいろ必要なものがあったのだけれど、ハマったのがxextというライブラリ。これはコマンドラインからインストールする必要があった。

sudo apt-get install libxext-dev

このあとは普通に、

make xps

とする。お好みで"sudo make install"をやってもよし。

  • XPSファイルをPDFに変換
gxps -sDEVICE=pdfwrite -sOutputFile=ほげほげ.pdf -dNOPAUSE ほげほげ.xps

これで、個々のページがPDFに変換される。

  • 複数のPDFを一ファイルにまとめる
pdftk *.pdf cat output まとめ.pdf