WILLCOMのこと2009/04/25 12:18


 長らくWILLCOMを愛用している。あの会社は大言壮語することがあまりないのが気にいってたのだけども。
 最近のニュースが、公式サイトに占いを追加したとか「江原啓之スピリチュアルメッセージ」を追加したとか、しょーもないことばかり。その手の人たちを呼び込もうとしてるのかしらんけど、拒否反応起こす人も多いぞ、自分とか。それとも、WILLCOMトップの人々は経営方針をこういうのに頼っているということなのか。

 いろいろあって、「どこでもWi-fi」というものを買いました。電池(エネループ単三×4)駆動の無線LANルータで、WILLCOM経由でインターネットにつながるというもの。回線の遅さは予想していたからいいものの、他に大きな問題があった。購入する時に危険サイトへのアクセス制限をしてるとの説明があったが、これがひどい。あちこちで(わかりにくい)エラーが出て接続できず、このアサブロまで制限かかってるというのは頭おかしいんじゃないのか?そしてブラックリストからの削除方法も提供されない。これは・・・子供が携帯ゲームするのにしか使えないぞ。
 これではどうにもならないので、デフォルトの接続ではなく、自分の契約しているプロバイダ経由で接続するように「どこでもWi-fi」を設定することで回避したけど・・・普通のお客さんがそこまでできるとも思えない。いろいろと判断を間違えてるんじゃないのか>WILLCOM


 ・・・などと言うことを考えていたら、XGP(次世代PHS)の試験サービスが始まったらしい。
 WiMAXが、何だかんだと言いながら技術の「筋」が悪いという話を聞いている。国際標準と言いながら実際にサービスインしたところは少なく、サービスしているところでも性能が非常に悪いとか。テスト中のUQの今の性能が、正式にサービスが始まったときに改善するかどうか。ユーザが増えることで悪くなる可能性が高いと思うのだけど。
 とりあえずXGPのデモでは理論値に近い値が出ていて、回線が増えることによる速度低下は大きな影響はない・・・はず。あとは実際の環境(室内とか電車の中とか)でどれだけ使えるかだな〜。まあ、PCカードタイプでしか提供されないとなるとまったく使えないのだけど、そういうこともないだろう・・・と期待しよう。
 もしXGPがダメとなったら、WILLCOMに期待するところはなくなってしまう。どうなることやら。