Ideapad S205でUbuntuを2011/08/20 16:04

ずいぶんとさぼってるけれど、相変わらずの物欲の日々です。

Windows/Linuxの動くノートパソコンが必要になったので、安いのを物色。最近はレッツノートが10万円を切る値段というのに心惹かれたけれども、狙いはもっとやっすい奴。ということで買ったのがlenovoのIdeapad S205。A4ノートになるのかな?一回り大きいが、見た目は直前のエントリのAZと兄弟と言っても通用するような感じ。プロセッサにAMD E-350というのを使ってる。

Amazonでおよそ35000円、愛用しているネットゲーもなんとか動くようで一安心したのだが、それからが苦難のはじまりだった。いまどきLinuxをインストールするのにここまで苦労するとは・・・


プレインストールのWindows7でディスク領域を100Gほど空け、UbuntuのUSBで起動。Ubuntuの最新である11.04(64bit)をインストールし、再起動したがHDD上のOS(Windows7含む)がまったく認識されない。この段階になってS205とLinuxの相性について調べたのだが、ずいぶんと面倒なことになっているようだ。

まず、起動しない件。E-350のせいかどうかはわからないが、MBRにインストールしたgrub2が動かない。grub2というのはgrubの後を継ぐソフトらしく、今のUbuntuでは標準となっている。まったくの別ソフトウェアなのにコマンドラインでは同じ"grub"であることもあり、ここでまず問題の切り分けに手間取る。オリジナルのgrubでは動くらしく、一度USBから起動、chrootしてgrub2を削除、grubをインストール。再起動。

grubのメニューが表われ、Ubuntuの起動に成功。めでたしめでたし・・・とはいかない。grubからWindows7の起動の仕方が、いろいろググって見たのだがわからない。最近のWindowsはずいぶんと面倒なことになってるのだなあ・・・

考えた末に、MBRにgrubをインストールするのは、Windowsの融通が効かないから危険が大きいと判断し、ブートローダーはWindows側に任せ、Linuxはgrub4dos経由で立ち上げることにする。

キーボード右上のスイッチを針で押し、Windowsの再インストールをする。切り直したパーティションはそのままだったので手間がはぶけた。再度USBで起動、Ubuntuをインストール。注意しなければならないのは、grub2をMBRにインストールしないこと。普通にインストールするとどうやってもMBRにインストールされてしまう・・・。調べた末に、「ディスク領域の割り当て」 で「それ以外」 を選ぶと、grub2のインストール先が選択できるようになる。そんなんわからんよ・・・。初心者にやさしいつもりかもしれないけど、少し設定を変えようというだけで鬼のように苦労させられるインストーラになってしまったな。grub2はUbuntuのパーティション(自分の場合は/dev/sda7)にインストールする。

再起動。当然起動するのはWindows7。ここでgrub4dosのインストール・・・というほどのことではなく、解凍したファイルから"grldr","grldr.mbr","menu.lst"をC:\に置いただけ。

当然、menu.lstにUbuntu起動用のエントリはないので、こんなのを追加。

title ubuntu
root (hd0,6)  #<- /dev/sda7
kernel /vmlinuz root=/dev/sda7 ro
initrd /initrd.img

この後で、Windowsのブートローダをいじるコマンド、bcdeditとやらを使う。具体的なやり方は忘れてしまったので、参考にしたURLをば。

http://taka8aru.blogspot.com/2011/05/windowslinux-ubuntu-1104-grub2.html

そして再起動。まずWindowsのブートメニューで、Windowsかgrubかの選択。ここでgrubに行くとgrubのメニューが表示され、ここでUbuntuを選択。そしてUbuntuが起動する。

やれやれ、めでたしめでたし。・・・・とは行かないのだった。


S205は有線と無線LANに対応している。有線は問題ないが、無線LANが動かない。うちのアクセスポイントがステルスESSIDのせいなのかもしれないが・・・。標準のNetwork Managerは問題が多いらしく、wicdと言うものをインストールしてみる。そしてwicdのNetwork Managerを起動してみたが・・・こいつには、そもそもESSIDの入力欄が存在しない。ダメじゃん。

しかたなく、全部ベタで書く。まずは"/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"を新たに書き(内容は省略)、"/etc/network/interfaces"に次のように追加した。

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-driver wext
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

再起動すると無線LANに接続できていた。

当然というべきか、サスペンドから復帰したときにはまた切断されている。いろいろ試した結果、

sudo rfkill unblock all
sudo /etc/init.d/networking stop
sudo start networking 

とすると、再び接続できた・・・こともあった。(失敗することもあった)

もっとスマートな方法もあるだろうけど、とりあえずはここまで。他にもいろいろ手を入れたいところがあるのだよ。Ubuntuのインターフェースは、バージョンを重ねるごとに使い辛くなっていると思う(個人的に)。どーにかできるだろうから、まずそちらが優先事項。

ではでは。