いまさらDev Phone 12009/10/24 16:27

 HT-03Aには残念ながらキーボードはなく、他にキーボードつきで手に入るAndroidマシンとしては(開発者用に販売される)Dev Phone 1があったのだけど、これはこれで日本語変換が使えない。
 だから手を出さなかったのだけど、しばらく前にDev Phone 1に日本語IMEを移植できるという話題があり、「おお、それなら話は別だ!」ということで注文しようとしたのだった。しかしながら販売サイトでは品切れの表示・・・。まったく間が悪い。
 しかし、先日なにげなく再び見てみたら、販売が復活してたので購入。たしか金曜の夜に注文したら、翌週の月曜に届いた。US時間だから営業中だったのだろうけど、仕事の早いこと。
 ハードウェアの感触としては・・・HT-03Aより若干重いくらいかな。まあ、この「若干」が使い勝手に影響を与えそうな感じもあるけれど。キーボードのクリック感はいい感じ。数字キーがついているのはありがたい。
 まずはアクティベートする必要がある。これもよそさまの教えに感謝。でもデフォルトで無線LANだけでできるように作ってもいいものなのになあ・・・
 さて、教えに従いIMEを移植しようとしたのだが、まずは1.1から1.6にOSをバージョンアップ。ここからイメージファイルを落としてきて・・・と思ったら、ファイルによっては延々ループして落とせなかった。WindowsにいってFirefoxで試したら問題なく落とせたんだが・・・どうなっているのやら。
 adbというツールでファイルをDev Phone 1にUSB経由でコピーするのだけど、教えられたとおりにはいかなかった。まず/systemを書き込み化な状態に再マウントしなければならないのだけど、それをやっても/system/libにadb側からコピーはできない。まあディレクトリの書き込みフラグの問題だから変更してしまえばいいのだけど、今回は別な手段をとった。まずはデバイス上の別ディレクトリにファイルをコピーし、それから"adb shell"でデバイス上のシェルに移動、rootになってから/system/libにファイルコピー。・・・しかしcpコマンドがないとは・・・。かろうじてmvがあり、しかもこのmvは異なるマウントポイント間ではファイルの移動ができない(ま、本来そういうものだ)。/systemの下に適当なテンポラリディレクトリを作りそこにコピー、そこからmvするという、何ともめんどい処理をしてしまった。
 そしてフォントファイルをコピーしようとすると、なんとdisk full。なんてこったい。1.6だといろいろ増えてるからなのかなあ・・・。1.5に落として再度挑戦、今度は成功。
 どうもHT-03AのSIMカードでそのまま定額接続はできないらしく(あまり突き詰めて調べてない)、無線LANでのみ接続することとした。
 ということで一応はキーボード環境のできあがり。しかし考えてみると、カーソルキーがないのが地味に厳しそう。それと、Androidマーケットでテキストエディタってほとんどないのだねえ。自分で適当なものを作るしかないのかな?

iriverのLPlayerで動画を見る(Linux/mencoder)2009/03/08 22:37

小ネタ。



iriverのLPlayerというメディアプレーヤーをしばらく前に買って、通勤中のBGM用に使っている。
動画再生もできるのだけど、小さいし、変換しなけりゃならないしで放置していたわけだ。変換ツールは付属していたはずだけど、当然Winodows用だけだし。
思い立って、mencoderでの変換方法を調べてみた。

おおむねこんな感じになるようだ。

mencoder -vf scale=320:240 -ofps 29.970 -ovc xvid -xvidencopts bitrate=480 -srate 44100 -oac mp3lame -lameopts cbr:br=128 -of avi input.mpg -o output.avi
-ofpsはframes/secondで、元動画に近い値にするのがよいのではないかと。
そんでもって少し試した結果としては、割と使えそうかな?画面の小ささは(何を見るかにもよるが)耐えられるレベル。ほんの少しカクカクする感じは気になるけど・・・アニメだったら問題なさそう。
とはいえ、通勤の混んでいる電車内でそういうのを見るのも気恥ずかしいんだが。
しかし、自分が買ったときに比べて、ほぼ半値になってるのか。こういうのを見るとちょっと悲しい。逆に安くなったものを買うのはうれしいんだけどね。


蛇足。
コンデジを買おうかと画策中。
RICOH R10がほぼ2万円、防水&動画が撮れるXactiがほぼ25000円、カシオの薄型ハイスピードEXILIMが4万円弱。迷うなあ。物欲が止まらない。



RICOHの新しい奴も非常に「デジタル」ぽくておもしろそうではあるけどなあ・・・。これは要するに、明るい夜をカメラ単体で完結させてしまおうということなのかな。