Ideapad S205でUbuntuを2011/08/20 16:04

ずいぶんとさぼってるけれど、相変わらずの物欲の日々です。

Windows/Linuxの動くノートパソコンが必要になったので、安いのを物色。最近はレッツノートが10万円を切る値段というのに心惹かれたけれども、狙いはもっとやっすい奴。ということで買ったのがlenovoのIdeapad S205。A4ノートになるのかな?一回り大きいが、見た目は直前のエントリのAZと兄弟と言っても通用するような感じ。プロセッサにAMD E-350というのを使ってる。

Amazonでおよそ35000円、愛用しているネットゲーもなんとか動くようで一安心したのだが、それからが苦難のはじまりだった。いまどきLinuxをインストールするのにここまで苦労するとは・・・


プレインストールのWindows7でディスク領域を100Gほど空け、UbuntuのUSBで起動。Ubuntuの最新である11.04(64bit)をインストールし、再起動したがHDD上のOS(Windows7含む)がまったく認識されない。この段階になってS205とLinuxの相性について調べたのだが、ずいぶんと面倒なことになっているようだ。

まず、起動しない件。E-350のせいかどうかはわからないが、MBRにインストールしたgrub2が動かない。grub2というのはgrubの後を継ぐソフトらしく、今のUbuntuでは標準となっている。まったくの別ソフトウェアなのにコマンドラインでは同じ"grub"であることもあり、ここでまず問題の切り分けに手間取る。オリジナルのgrubでは動くらしく、一度USBから起動、chrootしてgrub2を削除、grubをインストール。再起動。

grubのメニューが表われ、Ubuntuの起動に成功。めでたしめでたし・・・とはいかない。grubからWindows7の起動の仕方が、いろいろググって見たのだがわからない。最近のWindowsはずいぶんと面倒なことになってるのだなあ・・・

考えた末に、MBRにgrubをインストールするのは、Windowsの融通が効かないから危険が大きいと判断し、ブートローダーはWindows側に任せ、Linuxはgrub4dos経由で立ち上げることにする。

キーボード右上のスイッチを針で押し、Windowsの再インストールをする。切り直したパーティションはそのままだったので手間がはぶけた。再度USBで起動、Ubuntuをインストール。注意しなければならないのは、grub2をMBRにインストールしないこと。普通にインストールするとどうやってもMBRにインストールされてしまう・・・。調べた末に、「ディスク領域の割り当て」 で「それ以外」 を選ぶと、grub2のインストール先が選択できるようになる。そんなんわからんよ・・・。初心者にやさしいつもりかもしれないけど、少し設定を変えようというだけで鬼のように苦労させられるインストーラになってしまったな。grub2はUbuntuのパーティション(自分の場合は/dev/sda7)にインストールする。

再起動。当然起動するのはWindows7。ここでgrub4dosのインストール・・・というほどのことではなく、解凍したファイルから"grldr","grldr.mbr","menu.lst"をC:\に置いただけ。

当然、menu.lstにUbuntu起動用のエントリはないので、こんなのを追加。

title ubuntu
root (hd0,6)  #<- /dev/sda7
kernel /vmlinuz root=/dev/sda7 ro
initrd /initrd.img

この後で、Windowsのブートローダをいじるコマンド、bcdeditとやらを使う。具体的なやり方は忘れてしまったので、参考にしたURLをば。

http://taka8aru.blogspot.com/2011/05/windowslinux-ubuntu-1104-grub2.html

そして再起動。まずWindowsのブートメニューで、Windowsかgrubかの選択。ここでgrubに行くとgrubのメニューが表示され、ここでUbuntuを選択。そしてUbuntuが起動する。

やれやれ、めでたしめでたし。・・・・とは行かないのだった。


S205は有線と無線LANに対応している。有線は問題ないが、無線LANが動かない。うちのアクセスポイントがステルスESSIDのせいなのかもしれないが・・・。標準のNetwork Managerは問題が多いらしく、wicdと言うものをインストールしてみる。そしてwicdのNetwork Managerを起動してみたが・・・こいつには、そもそもESSIDの入力欄が存在しない。ダメじゃん。

しかたなく、全部ベタで書く。まずは"/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"を新たに書き(内容は省略)、"/etc/network/interfaces"に次のように追加した。

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-driver wext
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

再起動すると無線LANに接続できていた。

当然というべきか、サスペンドから復帰したときにはまた切断されている。いろいろ試した結果、

sudo rfkill unblock all
sudo /etc/init.d/networking stop
sudo start networking 

とすると、再び接続できた・・・こともあった。(失敗することもあった)

もっとスマートな方法もあるだろうけど、とりあえずはここまで。他にもいろいろ手を入れたいところがあるのだよ。Ubuntuのインターフェースは、バージョンを重ねるごとに使い辛くなっていると思う(個人的に)。どーにかできるだろうから、まずそちらが優先事項。

ではでは。

xps -> pdf2010/12/05 15:37

ものすごーくいろいろ放置したままだったけど、とりあえず自分用のメモの投稿。

WindowsでXPS形式で作ったファイルをPDFにまとめるときの試行錯誤。

  • GhostPDLというものをインストールする。

ubuntuでは提供されていないので、ソースを持ってきてビルドしなくてはならない。ビルドでいろいろ必要なものがあったのだけれど、ハマったのがxextというライブラリ。これはコマンドラインからインストールする必要があった。

sudo apt-get install libxext-dev

このあとは普通に、

make xps

とする。お好みで"sudo make install"をやってもよし。

  • XPSファイルをPDFに変換
gxps -sDEVICE=pdfwrite -sOutputFile=ほげほげ.pdf -dNOPAUSE ほげほげ.xps

これで、個々のページがPDFに変換される。

  • 複数のPDFを一ファイルにまとめる
pdftk *.pdf cat output まとめ.pdf

F-Spotとコアラの業2009/12/20 14:43

 自分の持っているデジタル一眼レフは、NikonのD40という、おそらくは一番チープなものだ。しかししょっちゅう使うわけでもなく、性能的には満足している。
今回、室内で撮影するのにPCからコントロールできないかと考えた。もちろんLinuxで。
 検索して出てきたのはgphoto/gphoto2というコマンド。UbuntuのSynapticからもインストールができた。gphotoのサイトで検索すると、D40もしっかりサポートしている。しかし、コマンドラインで"gphoto2 --capture-image-and-download"などとすると、「そんなオプションは知らん」などと言ってくるのであった。普通に"gphoto2 --capture-image"とかすると、「どこそこに保存した」とメッセージが出るのだけど、PC側にもカメラ側にも、そんなファイルは作成されていない。フォルダ指定の"-f"オプションも、まったく無視される。
 ヴァージョン情報を見ると"2.7.0"となっており、最新の"2.4.7"に比べると2年以上前のものだった。このあたりが原因かと思い自力コンパイルを試そうとしたが、そのためにはlibgphoto2というライブラリも同等のバージョンが必要で、さらにこのlibgphoto2というのはUbuntuのデスクトップ環境でいろいろと使われているらしいのだった。・・・既存環境に影響を与えないようにコンパイルすればいいのは確かだけど、ここにきて何だかとても面倒くさくなってしまった。
 ・・・Ubuntuのバージョンを上げようか?・・・
 これまで使ってきたのが9.04、特に不満はなかったしアップグレードにトラブルも多いとの噂があったので見送ってきたけど、もういいや。ということでアップデートマネージャからアップグレードを選択。1時間ほどで終了した。
 karmic koalaについてきたgphoto2のバージョンは"2.4.5"。前述の"--capture-image-and-download"オプションも問題なく使えている。結局はバージョンの問題だったか・・・。
 いまのところkoalaになってからの大きな不都合は発生していない。IMEの起動キーの変更がなぜか効かないのがうっとうしいが、そのうち解決できる・・・と思う。

サスペンドとLOOXとNetWalker2009/09/19 17:28


 なんてこったい、HTVのドッキング(アームでのキャプチャ)をリアルタイムで見るのを忘れてた。前の晩に、ビール呑んだからなあ・・・


 LOOX Uをまったく使っていない。
 時間がないせいもあるのだけど、電車の中でも使わないのは、ちょっと面倒だから。起動にはそれなりに時間がかかるし、サスペンドもハイバネートもうまく働いてくれない。(ちなみに、9.04でクリーンインストール。無線LANも動くし、PSBドライバも入れられるので非常に楽だった)やはりザウルスくらいのお手軽さがいいのだよなー。

 ということで、新しいマシンが(一部では既に)シャープから発売されましたとさ。その名はNetWalker。富士通で、そんな名前のソフトがなかったか?ARMでLinuxということで、ザウルス後継と考えて間違いないかな。素のUbuntuというのは素晴らしい。これは、発表直後から物欲をとても刺激してくれたのだけど、触った/買った人の話を聞くと、キーボードがダメらしい。自分としては譲れない点なのだが。10月に工人舎が発売する予定のx86のWindows XPマシン"PM"の方がキーボードはおいしそうだし。しかし、こことか こことか読むと、慣れるものではあるらしいのだよなあ・・・

 考えてみると、LOOX Uのサスペンドがまともに動けばいいんだよなー、ということでググって調べた結果、"s2ram"というものが使えそうな予感。uswsuspというパッケージをインストールし、"sudo s2ram --force"とすると・・・一瞬テキストモードになった後、数秒でサスペンド状態に。蓋を閉めて開き直すと、元の状態に復帰。WLANが動かないという話が多かったけど、自分の環境では少し待てば元通りに。おお、こりゃいいや。・・・と思ったものの、s2ramの2度目の実行で失敗する。実行しても何も起こらず復帰もせず、マシン自体は使えるものの終了ができなくなる。
 グーグルの結果ではネットワークがらみでエラーになるケースが多く見られたので、試しにパネル上のネットワークアイコンを右クリック、「ネットワークを無効にする」を選んでからs2ramを実行してみると、数回やっても期待通りにサスペンドしてくれた。まあ、当面はこれでいいか。こんな場当たり的な解決でいいのかよ、とも思うが・・・

備忘録:Imagemagick convertの使い方2009/09/13 23:44

例えばこんな感じ。

$ convert -rotate 90 -crop 1800x2700+100+150 -resize 20%x20% src.jpg dest.png

-rotate は画像の回転で、指定するのは時計回りの回転角。
-crop は画面の一部切り取りで、ここで指定しているのは、[WIDTH]x[HEIGHT]+[X軸のOFFSET]+[Y軸のOFFSET]。この場合、すべてピクセル値。
-resize は画像のサイズ変更、ここでは横方向・縦方向のパーセンテージ。%をつけなければピクセル値になる。
一度にこんなにパラメータをつけると、ちょっと期待どおりにいかなかったけど、まあひとつづつ指定すればいーか。