dynabook AZ2011/02/27 13:06

なんか買ってばかりだな・・・。

最近アマゾンに行く度に、dynabook AZが売れていると表示されていたのだが、無視していたのだった。以前は欲しかったけれど、NECのLifeTouch NOTEも発表になって、今更という感じがあったし。でも、LifeTouch NOTEのキーボードがいまいちおいしくないという噂や、4万円オーバーは厳しいなあということ、そもそも自分はモバギ派ではなく200LX派なんだよというのがあってLifeTouchに対する熱は発売前に冷めてしまったのだった。

そこでふと思う。なんで最近になってAZが売れていたのだ?

改めてアマゾンにいってみる。25000円(定価で3万円)・・・そんなに安かったっけ?4万円くらいしたような記憶があるけど、安くしたのだろうか。それとユーザレビューを見ると、2.2(Froyo)にアップデートしてFlashも使えてるという記述が。

この値段なら(きびしいけど)手は出せる。AndroidMarketが使えない、3Gは使えない、毎日持ち運ぶにはちとデカいというデメリットはあるが・・・これは遊ぶ価値がありそうだ。ということで即購入、その日のうちに到着。ちょっとデカいけども薄くて軽いし質感もまずまず。

で現状は、システムアップデートとFlash導入をすませ、ちょっと触ったくらい。某動画サイトも、もっさり気味だけど見れる。キーボードはまったくもって問題ない(特殊キーに慣れる必要はある)。タッチパッドの精度がかなり甘い気がする・・・。まずは適当なテキストエディタを入れて使い倒してみたいな。(プレインストールされてるEvernoteは使わない。いい印象がないので)

Motorola Defy2010/12/11 22:58

買ってしまいました。モトローラのDefy。

英国のCloveで購入、235英ポンド+配送料やら手数料やら。DHLはいい仕事してたけど、日本でバトンタッチした佐川がアホや・・・。成田から市川まで4日かかるって亀より遅いぞ。というか、放っておいたら一度も配送に来なかった気配すらある。国内に入った時点で、DHLに連絡して国内の業者側の配送番号を聞き出して対応したほうが吉かも知れぬ。

さてDefyですよ。 DROID2も、キーボードがおいしそうなので気になったのだけど、ヘビーデューティはとても(自分的に)ポイントが高い。雨に濡れてZaurusおシャカにしたこともあるし。 そもそもこの五月、ちょっと山中でさまよって、XperiaのGPS(と地図ロイド)がなければやばかったなんてこともありました。死にはしなかったと思うけど、宿の予約はフイになって野宿になってた可能性があった。磁石と地図(1/25000)は基本だけど、現在位置がわからなければそれも有効ではない。かと言って、専用GPSのGarminとかは、地図表示とかは弱いし、無闇に高いしな~。 とはいえXperiaでの山行は、当然防水性なんてないのできびしい。Androidで防水の機種が出ないかな、とずっと思っていたのだった。そこで出てきたのがDefy。防水・防塵・耐衝撃。実に素晴らしい。いや、スマートフォンでなければ、アメリカでカシオが出しているG'zOneとかもいいのだろうけれど・・・。(そこらへんを言い出すと、分厚い手袋をしててスマートフォンなんて使えないんだけれども)

なんだかんだで今週に受け取り、日本通信のSIMを投入、問題なく使えている。デフォルトで日本語ロケールがないので"MoreLocale2"で追加。後はフォントの字形が気に入らないので、そちらはそのうちに・・・。 ”Quadrant”でのスコアは1059。まあまあかな? ひととおり使っての感想は・・・Xperiaよりずっとマシな気がする。Xperiaだと妙にもたつく感じがあったけど、そういうものはほぼない。液晶の発色もずいぶんとよいように思う。大きさはHT-03Aとほぼ一緒。これくらいのサイズの方が、片手で操作するのにはちょうどいいのだよね。さらに、DefyにはマーケットでVPlayerをインストールできたり(Xperiaでは無理・・・って、ロケールだけの問題かよ!)、もういいことばかり。 唯一・・・ホントにただ一つというところだが・・・欠点が、ストラップホールが存在しないこと。頑丈といっても、そうそう落としたいものではないし、自分は粗忽だから失くしそうなんだよ。そんな悪いところでiPhoneなんて真似なくていいのに・・・。

はてさて、電池大盛のXperiaと、どう使い分けようか?ストラップの問題さえなんとかなればDefyがメインで無問題なのだけれど、ストラップがつけられるジャケットでも出ないものかな~

復活のHT-03A2010/07/11 21:00

とは言いながら、HT-03Aはいままでもそこそこ使っていて、むしろこのブログ自体が久しぶりすぎるとゆーか。
ソニーが嫌いだとかなんだかんだあったのだけど、結局Xperiaに機種変してしまいました。具体的に何を期待してたというのはなくて、まあ突発的な物欲です。ああ、違約金が痛い。
それでしばらく使ってみたけど、HT-03Aと比較して、やはり自分向きとはいいがたい。タッチスクリーンが大きくなって今までは片手で操作できたのが両手を使わなきゃならないとか、画面の動きが気持ち悪い(最初もたつく->加速->減速となる。もたつくのは意図してのことではないだろう)とか、電池の減りがすさまじいとか。
まあ、いいところもある。録画したビデオを見るにはいいし、ヘッドフォンプラグもついている。・・・でもそれくらいかも。Androidのバージョンアップには追いついていないものなあ。

そんなとき、何気に技術評論社のホームページを読んでいたら、HT-03Aではroot権限を乗っ取って、自家製のシステムイメージがインストールできるという話を読む(あとで確認しようとしたら消えていた。公式的にはまずい情報なのかも)。しかも2.2"Froyo"までできているとかいないとか。世間では常識なのかもしれないけど、流行に弱いのよね・・・
やるべきことは、(1)1.6->1.5へのダウングレード、(2)root権限の取得、(3)カスタムイメージのインストール(カスタムROMって呼ぶのは違わないか?どうかんがえてもROMじゃない)。それぞれの手順は、ググればわかるし、自分が付け加えることは何もないので、省略。そうそう、Root取得でGoldcardというものを作るときに、Windowsのバイナリエディタを持ち出してきているけど、Linux/UNIXならばddでデバイスファイルに書いてやれば十分でした。
結論としては、2.2"Froyo"はまだ使えない/使いづらい。2.1がかなり安定しているので、しばらくはこれで遊ばせてもらおう。まずはライブ壁紙からかな。

いっそHT-03AをメインにしてXperiaをAV機としてしまいたいとこだけど、XperiaはSIMがないと何もできないというのがな・・・。使えないやつ。

いまさらDev Phone 12009/10/24 16:27

 HT-03Aには残念ながらキーボードはなく、他にキーボードつきで手に入るAndroidマシンとしては(開発者用に販売される)Dev Phone 1があったのだけど、これはこれで日本語変換が使えない。
 だから手を出さなかったのだけど、しばらく前にDev Phone 1に日本語IMEを移植できるという話題があり、「おお、それなら話は別だ!」ということで注文しようとしたのだった。しかしながら販売サイトでは品切れの表示・・・。まったく間が悪い。
 しかし、先日なにげなく再び見てみたら、販売が復活してたので購入。たしか金曜の夜に注文したら、翌週の月曜に届いた。US時間だから営業中だったのだろうけど、仕事の早いこと。
 ハードウェアの感触としては・・・HT-03Aより若干重いくらいかな。まあ、この「若干」が使い勝手に影響を与えそうな感じもあるけれど。キーボードのクリック感はいい感じ。数字キーがついているのはありがたい。
 まずはアクティベートする必要がある。これもよそさまの教えに感謝。でもデフォルトで無線LANだけでできるように作ってもいいものなのになあ・・・
 さて、教えに従いIMEを移植しようとしたのだが、まずは1.1から1.6にOSをバージョンアップ。ここからイメージファイルを落としてきて・・・と思ったら、ファイルによっては延々ループして落とせなかった。WindowsにいってFirefoxで試したら問題なく落とせたんだが・・・どうなっているのやら。
 adbというツールでファイルをDev Phone 1にUSB経由でコピーするのだけど、教えられたとおりにはいかなかった。まず/systemを書き込み化な状態に再マウントしなければならないのだけど、それをやっても/system/libにadb側からコピーはできない。まあディレクトリの書き込みフラグの問題だから変更してしまえばいいのだけど、今回は別な手段をとった。まずはデバイス上の別ディレクトリにファイルをコピーし、それから"adb shell"でデバイス上のシェルに移動、rootになってから/system/libにファイルコピー。・・・しかしcpコマンドがないとは・・・。かろうじてmvがあり、しかもこのmvは異なるマウントポイント間ではファイルの移動ができない(ま、本来そういうものだ)。/systemの下に適当なテンポラリディレクトリを作りそこにコピー、そこからmvするという、何ともめんどい処理をしてしまった。
 そしてフォントファイルをコピーしようとすると、なんとdisk full。なんてこったい。1.6だといろいろ増えてるからなのかなあ・・・。1.5に落として再度挑戦、今度は成功。
 どうもHT-03AのSIMカードでそのまま定額接続はできないらしく(あまり突き詰めて調べてない)、無線LANでのみ接続することとした。
 ということで一応はキーボード環境のできあがり。しかし考えてみると、カーソルキーがないのが地味に厳しそう。それと、Androidマーケットでテキストエディタってほとんどないのだねえ。自分で適当なものを作るしかないのかな?

サスペンドとLOOXとNetWalker2009/09/19 17:28


 なんてこったい、HTVのドッキング(アームでのキャプチャ)をリアルタイムで見るのを忘れてた。前の晩に、ビール呑んだからなあ・・・


 LOOX Uをまったく使っていない。
 時間がないせいもあるのだけど、電車の中でも使わないのは、ちょっと面倒だから。起動にはそれなりに時間がかかるし、サスペンドもハイバネートもうまく働いてくれない。(ちなみに、9.04でクリーンインストール。無線LANも動くし、PSBドライバも入れられるので非常に楽だった)やはりザウルスくらいのお手軽さがいいのだよなー。

 ということで、新しいマシンが(一部では既に)シャープから発売されましたとさ。その名はNetWalker。富士通で、そんな名前のソフトがなかったか?ARMでLinuxということで、ザウルス後継と考えて間違いないかな。素のUbuntuというのは素晴らしい。これは、発表直後から物欲をとても刺激してくれたのだけど、触った/買った人の話を聞くと、キーボードがダメらしい。自分としては譲れない点なのだが。10月に工人舎が発売する予定のx86のWindows XPマシン"PM"の方がキーボードはおいしそうだし。しかし、こことか こことか読むと、慣れるものではあるらしいのだよなあ・・・

 考えてみると、LOOX Uのサスペンドがまともに動けばいいんだよなー、ということでググって調べた結果、"s2ram"というものが使えそうな予感。uswsuspというパッケージをインストールし、"sudo s2ram --force"とすると・・・一瞬テキストモードになった後、数秒でサスペンド状態に。蓋を閉めて開き直すと、元の状態に復帰。WLANが動かないという話が多かったけど、自分の環境では少し待てば元通りに。おお、こりゃいいや。・・・と思ったものの、s2ramの2度目の実行で失敗する。実行しても何も起こらず復帰もせず、マシン自体は使えるものの終了ができなくなる。
 グーグルの結果ではネットワークがらみでエラーになるケースが多く見られたので、試しにパネル上のネットワークアイコンを右クリック、「ネットワークを無効にする」を選んでからs2ramを実行してみると、数回やっても期待通りにサスペンドしてくれた。まあ、当面はこれでいいか。こんな場当たり的な解決でいいのかよ、とも思うが・・・